image-20.jpg

塾生の声

奥野洋子

某IT企業所属

「政治の一寸先は、闇」2019年5月21日朝7時、平本塾長は7月に控えた参院選について言及されました。 一寸先は闇だからこそ、我々は歴史に学び、先人の教えを踏まえ、現代を生き抜く知恵と行動力、そして熱い志を受け継がなければならない。 参院選がもたらす、生活に直結する変化を注意深くウォッチせよ。 塾長からの力強いメッセージの後、泉三郎先生より著「堂々たる日本人~知られざる岩倉使節団」を基にした講義がスタートしました。 横浜港から出向した当時、岩倉具視は47歳、使節団総勢107名の平均年齢は32歳。 若者が活躍した背景には、「新しいことに挑戦できる年齢には、限りがある」との認識があったそうです。 「舞台装置が変わるだけで、人間の営みは変わっていない。本当に大事なことは何か、今一度考えよう。」 その後、2020年2月より新型コロナウイルス感染症が流行し、政治の力による行動制限が日常になりました。 冠婚葬祭をはじめ、不要不急の豊かさや活力を生む取り組みは、軒並み自粛を求められました。 閉塞感が漂う時こそ、勇気をもって挑戦する力は貴重な資源です。 私たちは、一人じゃない。 朝塾でいただいた熱い言葉と確かな学びは灯となって、前進するエネルギーを与えてくれています。

奥野洋子